« もうひとつのエビちゃんブーム | トップページ | 四谷怪談・南番 2回目 »

さくらん

安野モヨコの漫画『さくらん』が映画化に!うわぁい!!最初、ちょこっと読んだとき、映画化しそうな話だなぁと思ったら、ドンピシャです。

江戸時代、官許の売春施設・吉原が舞台。負けず嫌いの意地っ張りのきよ葉がかむろから吉原一の花魁になるまで、いろいろござんす 遊女の世界は、といった話。女の世界は今も昔も大変なんですよね・・・。娘道成寺の唄のなかで『張りと意気地の吉原』って歌詞があるくらい。

ちなみに、花魁の衣装ってそれはそれは思いのよ。助六の揚巻は40キロ!しょえーっ!女の人ひとり持って歩くんだから大変よねぇ。

閑話休題。

主役のきよ葉を土屋アンナ、粧ひを菅野美穂、惣次郎を成宮寛貴、などなど。うんうん、けっこういいかも。土屋アンナなんかぴったりじゃない?

そしてそして、歌舞伎マニア的に一番嬉しいのが・・・、ご隠居が市川左團次丈!

きゃーーーーっ!嬉しすぎる。見た目のイメージは違うけど、エロじじいっぽいところがぴったりかも。

何はともあれ、来年の公開が楽しみです。

|

« もうひとつのエビちゃんブーム | トップページ | 四谷怪談・南番 2回目 »

「映画・テレビ」カテゴリ内の最近の記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうひとつのエビちゃんブーム | トップページ | 四谷怪談・南番 2回目 »